生理前のニキビが危険な理由

生理の自期‐国ョ引日の赤冒号‐
ニキビの原因となる、 ‐ 皮脂の分泌をうながすものに、ホルモンの働きがあります。
ホルモンのなかで、 ニキビにわるい影漕を椰量ぼすのは、男性ホルモンです。
男性ホルモンは、男性のばあいは、睾丸と副腎皮質から分泌され、女性のばあいは、卵巣のな
かにある黄体というところと、副腎皮質から分泌されます。

 

男性ホルモンが多くなるのは、だいたい生理前の一週間です。
ただ、人によっては、生理中や生理直後にも多くなる人もいます。
この時期には、男性ホルモンの働きで、皮脂がたくさん出ますから、毛穴は詰まりやすくなっ
ているといえます。女性は、この時期はニキビに注意信号がついているといえます。
鏡を見る人にニキビが多い?
ストレスからくる不眠も、 ニキビの間接的な原因となります。

 

新陳代謝のところで述べたように、人間の皮膚の細胞は、夜眠っている間に、じっさいには午
後十時から午前二時くらいの約四時間に、集中的に新しくつくられます。
毎日毎日、私たちの細胞の、あるものは寿命がきたり、あるものは傷ついたり、あるものは疲
れたりしています。そして、そのような消耗した皮膚細胞は、夜の間に元気で健康な細胞へと生
まれ変わるのです。これが新陳代謝でした。
ということは、この時間帯に体がぐっすり休んでいなければ、せっかくの新陳代謝も、効果が
減ってしまうといぅことです。ストンスがたまって不眠になると、当然この新陳代謝がうまく行
なわれなくなります。
また、ストレスからくるもうひとっのわるい影響は、自律神経が緊張することです。そうなる
と、ホルモンのパランスがくずれ、それが原因で肌は荒れてしまいます。
ストレスはお肌の敵です。肌のためにはストレスをためないように、イライラしたり、神経質
にならないで、おだやかな気持ちでいることが大切ですね。
ニキビができて、くょくよ悩んでいた人も鏡とにらめっこして、ため息ばかりついていないで、
できるだけ気にかけないようになってはしいと思います。そのほうがずっと治りも早いのですよ。
よく、「顔のニキビは、しつこくて、どんどんわるくなっていくのに、背中にできたニキビは、
知らないうちに治っているわ」と、フシギに思う人がいますが、これもストレスに関係があって
じつは、背中は自分の日で見えない、ということが治りを早くしているのです。っまり見えなけ
れば、気になりにくいし、くよくよ悩まずストンスになりませんからね。