毛穴ケアがニキビ予防に有効な理由

毛穴がトラブルをおこすとき

 

ところで、皮脂の出口、つまり毛穴がトラブルをおこすのは、どういうときかというと、ひと
つは皮膚が刺激を受けて、ビックリした状態のとき。またもうひとつは、体のなかの消化・吸収・
排泄という内臓の働きが、にぶくなってしまったときです。こんなときに、毛穴は皮脂をうまく
外へ出せなくなってしまいます。これがひいては、ニキビの原因になるのです。
では、皮膚が何かの刺激を受けて、ビックリする状態は、どんなことが原因でおこるのでしょ
うか? それには、次のようなばあいが考えられます。
@化粧品や薬品でカプれてしまったとき
A肌の表面が傷ついたとき
B肌の表面におできやイボなどができたとき
などです。つまり、肌になんらかの異常が生じたときですね。
こんなばあい、肌は、早く元どおりの健康な皮膚にもどそうとしますから、表皮はものすごい
1 どうしてニキビができるのだろう
速さで成長します。だから、角質層の部分も厚くなるわけです。
角質層の部分が厚くなるということは、毛穴の部分も厚くなっていますから、中のあぶら分は
スムーズには外へ出にくくなるのです。
肌の表面が傷つくのは、肌をひっかいたり虫に刺されたりしたばあいはもちろんですが、じつ
は、日やけしたときもこれに加えられます。
日やけした肌というのは、日光に含まれる強い紫外線にさらされ、 一種のヤケドの状態をおこ
しています。すると、肌はとても敏感になり、傷つけられたときと同様に角質層が厚くなってく
るのです。魅力的で健康的に見える「小麦色の肌」も、じつは、肌そのものにとってはたいへん
迷惑を受けている状態なのです。